湘南支部

2017-08

霊言紹介コーナー 「日野原重明の霊言」

日野原重明

皆様、こんにちは。
霊言担当の福ちゃんです。
「日野原重明の霊言」を拝聴しました。(^O^)

2017年7月に105歳で亡くなられた、日野原重明氏は、医師で、亡くなる直前まで、お仕事をされていた。(*_*)
ちまたでは、毎日のように、警察署から、行方不明の老人のアナウンスが流れているというのに、ずいぶん違う!(*_*)

総裁先生も、高齢でも、頭もはっきり、仕事熱心、退職後の生き方の手本を見せてくれた。
新老人(75歳以上)のバイブル。
羨ましい、と仰られていました。

日野原先生、高齢者用のテキストがないみたいだから、何回も霊言を録ってほしい。
今日は、前書きだ!と今までの霊人にはない、張り切りようだった(*_*)

75歳なんて、私より30歳も下で、子どもの世代!(*_*)
医者は、資格で守られている。高齢の患者さんには、人生相談をするようなもの。こういう人は、残りの人生、どういう生活をしたら、幸せかな?と考え、アドバイスをする。
大僧正のような心境。
長く生きると、家族や、地域社会から見放され、孤独や不安が悩みになる。

以前、朝日新聞が、北朝鮮を、公害のない理想の世界みたいに報道するから、若者が飛行機をハイジャックして、北朝鮮に亡命する事件があった。
私は、その飛行機に乗り合わせた。
恐怖や危機感の中、医者として、人質の健康状態に、気を配った。
開放されてから、神からもらった命の尊さを知り、お返しの人生を生きようと思った。
年をとることが、罪悪になってくる社会にならないように。
大事なのは、経済問題でなく、人間関係づくり(^O^)
倒れてからでは遅い!

肉体を脱ぎ捨てる時、宗教は大事!
宗教によって、天使、菩薩が迎えにくる。
信仰を持ってたら、あの世に行くのは、楽だった(^O^)
死を認めない人が、病院、家族、仕事場で障りをする。
信仰は、大事だ!

高齢社会を迎える今、たいへん勉強になる霊言でした。
皆様の拝聴をお待ちしています。(^O^)/




日野原重明の霊言
日野原重明の霊言

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

幸福の科学 湘南支部

Author:幸福の科学 湘南支部
幸福の科学湘南支部のブログへようこそ!

〒251-0053
神奈川県藤沢市本町 3-15-23
Tel: 0466-29-7727

Facebook ページ

幸福の科学湘南支部Facebook ページ

最新記事

最新コメント

アクセス数

カテゴリ

お知らせ (55)
マンガ (25)
政治 (24)
未分類 (0)
映画 (3)
サクセスNo1 (3)
行事 (25)
霊言コーナー (128)
UFO学園 (12)
天使にアイム・ファイン (3)
君のまなざし (2)

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
558位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
98位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR